新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 教育学部 甲斐進一教授の最終講義を開講

教育学部 甲斐進一教授の最終講義を開講

教育学部 甲斐進一教授の最終講義を開講

2015.01.29

15012400131.jpg1月24日(土)、今年度で定年退職となる甲斐進一教授の最終講義が開講され、在学生160名のほか、教育学部はじめ他学部の教員も参加する盛大な講義となりました。
大 森学部長による挨拶、宮川教授による「甲斐教授の略歴と業績のご紹介」のあと、甲斐教授が「プラグマティズム教育思想」の演題のもと、講演されました。日本の保育と学校教育において脈々とその伝統が引き継がれているプラグマティズム教育思想。卒業を控えた4年生も、大学生活最後の講義として聴講し、日本の保育や学校教育において大切にされているこの教育哲学について理解を深めていました。