新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 司書課程を学ぶ学生たちが小学校で読み聞かせボランティアを実施

司書課程を学ぶ学生たちが小学校で読み聞かせボランティアを実施

司書課程を学ぶ学生たちが小学校で読み聞かせボランティアを実施

2015.07.09

 629日(月)、文化情報学科の福永智子教授と司書課程を履修する3年生の学生15名が名古屋市立西山小学校(名東区)で読み聞かせボランティアを行いました。
 このボランティアは司書を目指す上で、本や読書の魅力を子どもたちに伝える体験をして欲しいと福永教授が企画。昨年度から実施しているボランティア活動です。
 学生たちは2年生の7クラスに分かれて読み聞かせを実施。子どもたちは昨年度の経験からとても楽しみにしていた様子で、学生たちを迎えてくれました。学生たちはそれぞれ2冊の絵本と紙芝居1点を読み、その後質問コーナーなどで子どもたちと交流。学生たちは「思ったよりもリラックスできて、楽しく読むことができました」としながらも「もっと感情を込めてなりきって読むことが大切だと思いました。また、声かけなども取り入れるとよかったかも」「子どもの集中力を引き付ける方法を学びたい」など新たな課題や目標を見つけることができた充実した体験となりました。
 後日、小学生たちからお礼のお手紙も送られ、学生たちは子どもたちとのふれあいを通して改めて本や読書の素晴らしさを学びました。