新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 文化情報学科の学生が韓国の政府観光局に旅行商品企画を提案

文化情報学科の学生が韓国の政府観光局に旅行商品企画を提案

文化情報学科の学生が韓国の政府観光局に旅行商品企画を提案

2015.07.22

 7月13日(月)、文化情報学科の「実務応用演習(旅行商品企画演習)」で学生が自ら考案した旅行商品企画の発表会を行いました。
 この授業では、旅行商品企画の実態を体験的に理解することを目的に、韓国への旅行商品を企画しています。学生たちは4月に韓国の政府観光局である韓国観光公社名古屋支社を訪問したのち、調査・検討を重ね、商品を練り上げてきました。
 今回の発表会には韓国観光公社名古屋支社長の金萬眞氏とマーケティング・マネージャーの佐藤綾夏氏にご出席いただき、各グループが企画した旅行商品をプレゼンテーションしました。泥だらけで障害物を乗り越え走る"マッドラン"への参加を目玉にしたツアーや、カップルにターゲットをしぼった商品など、韓国の新たな魅力を発見する様々な商品企画が発表されました。講評では「公社として取り入れていきたいアクティビティや現在の韓国の流行を盛り込んだ商品は面白い」と評価をいただく一方、「実際に販売する場合、ターゲットを絞りすぎている部分がある」「ツアー名から受ける印象とツアー内容に違いが無いように注意して欲しい」など実践的なアドバイスもなされ、学生たちは商品企画の奥深さを学びました。
 今回の最優秀作品は韓国観光公社より表彰される予定です。