新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 教育学部の学生が「ケースメソッドⅠ」でミュージカルを上演しました

教育学部の学生が「ケースメソッドⅠ」でミュージカルを上演しました

教育学部の学生が「ケースメソッドⅠ」でミュージカルを上演しました

2015.07.28

 7月20日(月)と22日(水)、渡邉康准教授の「ケースメソッドⅠ」の学修成果の発表としてのミュージカル「ビック・マーメード」(初等中等教育専修)「人魚姫」(保育・初等教育専修)を上演しました。
 渡邉准教授の「ケースメソッドⅠ」では、学習発表会、学芸会、文化祭など園児、児童による音楽劇(ミュージカル)を取り扱う教育現場を想定して、将来の指導に生かすことを目的に、ミュージカルの創作から演出・実演など全てを経験します。発表は保育・初等教育専修と初等中等教育専修の学生のグループに分かれ、2日間に分けて実施。それぞれ手作りのカラフルな衣装に身を包んだ学生たちが、すばらしい歌声と演技を精一杯披露し、満員となった会場は、笑いと感動に包まれていました。