新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 文化情報学科の学生たちがアーティフィシャルフラワーでのフラワーアレンジメントに挑戦

文化情報学科の学生たちがアーティフィシャルフラワーでのフラワーアレンジメントに挑戦

文化情報学科の学生たちがアーティフィシャルフラワーでのフラワーアレンジメントに挑戦

2016.06.30

 6月28日(火)、文化情報学科の3年次を対象に開講される実務応用演習(2)(担当講師:小原 馨)で、学生たちがアーティフィシャルフラワーでのフラワーアレンジメントに挑戦。作品制作・展示を通して、協働や共感の実際を学びました。
 実務応用演習は、文化情報学科で学ぶ幅広い知識や技術を社会で応用する力を身に付けることを目的に開講。小原講師の授業では、「生け花」を中心とした芸術を通して、表現力、プレゼンテーション能力を高めることを学びの柱のひとつとしています。
 今回は、フラワーアレンジメントの実技を通して美的・表現センスを磨くことに加え、チームで制作することで、協働によるプロジェクト実施の経験を重視。「昨今の学生は積極性に欠け、他人に無関心な傾向があります。協働でのフラワーアレンジを経験することで、繊細かつ丁寧な所作を学ぶことだけでなく、他人の行動の細かな変化に共感することができる気配りを身につけてほしい」と小原講師は強調しました。