椙山女学園 大学

新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 持続可能な街づくりをめざす星が丘テラスからオンライン授業を実施しました

持続可能な街づくりをめざす星が丘テラスからオンライン授業を実施しました

持続可能な街づくりをめざす星が丘テラスからオンライン授業を実施しました

2020.08.03

 教育学部の専門教育科目「社会」の授業(担当:宇土泰寛非常勤講師)は、前半が地球上で起こっているさまざまなグローバルな課題を、後半がローカルな課題を扱い、商店街のシャッター化など多くの問題を抱える地域の学修を展開しています。その一つに、毎年、地域の街づくりに挑戦し続け、椙大生の通学路にある「星が丘テラス」(名古屋市千種区)を題材に、同テラスを運営する(株)水野本社の営業推進部長荒武壽美さんをゲストスピーカーに迎え、授業を実施。今年度は新型コロナの影響で遠隔授業を進めていますが、学生が大学に来られないなら、教員が出かけるという発想の転換で実施できるのではないかと、7月15日(水)の2限目の授業と22日(水)の5限目の授業で、星が丘テラスの4階から1階まで荒武さんの説明を聞きながら回るという実況中継の授業を行いました。
 学生からは、「何気なく通り過ぎている所にも意味があり工夫があり、案内していただいて、見え方が変わりました」「星が丘をたくさんの人の交流、つながりあいの拠点にするという考え方は、人種や国籍、性別などの壁を壊し、グローバル化につながる観点だと感じました」「授業で学んだSDGs(持続可能な開発目標)とも深く関係していることに驚きました」「私の町の商店街の活性化につなげるヒントにならないかと思いました」などのコメントが寄せられました。