新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 管理栄養学科の学生が監修した「カラダよろこぶ弁当」が販売されました!

管理栄養学科の学生が監修した「カラダよろこぶ弁当」が販売されました!

管理栄養学科の学生が監修した「カラダよろこぶ弁当」が販売されました!

2020.01.15

 管理栄養学科 河合潤子准教授の研究室の学生が監修した「カラダよろこぶ弁当」が12月20日(金)からスーパーマーケットヤマナカで販売されています。
 これは、愛知県を中心にスーパーマーケットを展開する株式会社ヤマナカ(名古屋市東区)とニッポンハムグループの総合食肉ディーラー中日本フード株式会社(大阪市北区)と協働している取り組みです。厚生労働省推進の「健康日本21」の中で掲げられている1日350g以上の野菜を摂取する目標に着目。お弁当には、1日摂取目安の3分の1に値する120g以上の野菜を使っています。
 今回は、2年生の安藤千紗さんが「瀬戸内レモンの塩だれチキン弁当」を、猪方優花さんが「カレー炒め弁当」を監修しました。お弁当には、野菜1/3日摂取量使用に加え、白米の糖質と比較すると約90%糖質を減らすことができるカリフラワーライスを使用。カリフラワーライスを白米に混ぜることで、さらに健康を意識しました。

販売期間:2月20日(木)まで ※祝日は除く、各店舗によって変更の可能性があります
販売場所:スーパーマーケットヤマナカ ※八事店、覚王山店を除く