新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 現代マネジメント学部で、日本銀行名古屋支店長の清水季子氏を講師に招き特別講義を行いました

現代マネジメント学部で、日本銀行名古屋支店長の清水季子氏を講師に招き特別講義を行いました

現代マネジメント学部で、日本銀行名古屋支店長の清水季子氏を講師に招き特別講義を行いました

2019.11.27

 11月20日(水)、現代マネジメント学部の専門教育科目「金融」(担当:植林茂教授)で、日本銀行初の女性支店長で、現名古屋支店長である清水季子氏をゲストスピーカーにお招きし、「最近の金融経済情勢と今後の展望」と題して特別講義を行いました。
 講義では、日本経済の現状や今後の見通し、成長に向けた課題を解説。このほか、企業における投資行動や労働力人口の変化など、さまざまなデータを用いて説明がありました。さらに東海地区における景況感、全国と比較した場合の特質を指摘し、当地区の優位性と課題を述べました。
 講義の最後には、清水氏が日本銀行に入行後、これまでの働き方についての価値観を披露。同じ女性として、年代ごとにどのような目線を持って働くことが期待されているかについて、ご自身の経験をもとに学生へ語りかけました。
 受講した学生らは、「日本銀行の金融政策に対する考え方を直接に伺う貴重な機会となった」「東海地区の製造業の強さを改めて実感した」など感想を述べました。また、清水氏の働く価値観に触れ、「社会に貢献する働き方を目指したい」「女性だからという理由でチャンスを逃すことのない人生にしたい」など、これからのキャリアを考える上で強い刺激を受けたようです。