椙山女学園 大学

新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 日本の林業活性化を目指した日・タイ国際協力の活動が進行中です

日本の林業活性化を目指した日・タイ国際協力の活動が進行中です

日本の林業活性化を目指した日・タイ国際協力の活動が進行中です

2019.10.17

 本学の連携協定先である御杖村(奈良県宇陀郡)、スイーパトゥム大学(タイ王国)との3者間で、日本式木造住宅をタイに広めるプロジェクトが進行しています。
 この連携協定は、2017年12月に締結されたもので御杖村の豊富な林産資源を活用した地域の活性化と、タイ国内での木造建築物の再普及を目指す狙いがあります。
 このたび、スイーパトゥム大学の創立50周年を記念して、同大学内に和風の建築物「日本館」を建築することになりました。この施設は、教職員と学生が共同で利用できる多目的施設として設計。建築に際して御杖村の名産であるスギを使用するほか、本学は日本の美しい木造住宅の建築技術の再普及に取り組みます。
 9月20日(金)、現地では「日本館」建築のための記念式典が行われ、本学から生活環境デザイン学科 村上心教授が参加し、建築作業における安全を祈願しました。2020年2月の完成を目指し、生活環境デザイン学科は建築に関するさまざまな技術支援を行う予定です。

【関連する記事】本学が日本の林業活性化を目指し、日・タイ国際協力の合意書を締結