新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 現代マネジメント学部の学生がレクサス星が丘を見学しました

現代マネジメント学部の学生がレクサス星が丘を見学しました

現代マネジメント学部の学生がレクサス星が丘を見学しました

2019.09.03

 7月31日、現代マネジメント学部の東珠実教授の3年生のゼミ生13名が、レクサス星が丘の店舗を見学しました。7月24日には、東ゼミの3年生4名が、同学部の柴由花教授のファーストイヤーゼミの1年生とともに訪問し、レクサス星が丘の方々には2週間続けてご対応いただきました。
 消費者行動について学んでいる東ゼミでは、以前より、優れたお客様対応で知られるレクサス星が丘を訪ね、消費者を惹きつける企業の対応について具体的に学ぶとともに、女性社員の方々から様々なお話しをうかがい、就職活動へのモチベーションを高めるきっかけにもしています。
 今回の見学会では、藤川浩一ゼネラルマネージャーのご配慮の下、事前に学生たちの質問事項を確認していただき、当日は、山内才子副ゼネラルマネージャーと本学部の卒業生でもある藤吉真知レセプションスタッフリーダーが、店舗の案内と質問への回答をご担当くださいました。
 店舗内には洗練されたスタイリッシュな空間が広がり、酸素バーやゴルフの打ち放し、こだわりのラウンジなど、単なるディーラーとしてだけでなく、オーナーの方々のライフスタイルの一部としてレクサスと共有する時間を楽しんで頂けるようなサービスが随所に見られました。また、経営理念や販売・接客、社会的課題への対応、就労環境などに関する様々な質問についても、具体的で丁寧な回答をいただきました。
 参加した学生たちからは、「お客様が何をもとめているかをふとした動作などから感じとったうえで行動することは、すべての仕事に共通する大切なことだと思いました。」「職場環境に関する質問に対し、お互いに助け合い上司にも意見を通しやすい職場であるというお答えがあり、女性が働きやすい素敵な職場だと感じました。」「お話を伺うなかで、自分自身が社会人として働き始める日も身近に迫ってきていることを改めて実感しました。学生の間にできるだけ多くの経験を積み、礼儀を身につけ、社会で必要とされる人間になりたいと思いました。」などの感想があり、当面する就職活動や将来のキャリアデザインについて、示唆に富む機会となりました。