新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 「椙山女学園大学サマープログラム」の開講式が行われました

「椙山女学園大学サマープログラム」の開講式が行われました

「椙山女学園大学サマープログラム」の開講式が行われました

2019.07.31

 「椙山女学園大学サマープログラム」の開講式が、7月30日(火)に行われ、本学の協定校であるアメリカのニューヨーク市立大学リーマン校から4名、韓国の培材大学校から4名、台湾の亜洲大学から13名の学生が参加しました。
 開講式では、後藤宗理学長が、「名古屋の暑さがみなさんを歓迎しています。短い期間ですが、健康に気を付けてプログラムを存分に楽しんでください。」と激励の言葉を贈りました。
 21名が参加する今回のサマープログラムは、7月30日(火)から8月9日(金)までの10日間を予定しており、参加者は日本語、日本文化の学習や日本文化の体験として、犬山城の散策やミツカン酢博物館への訪問、京都研修などを行います。また、本学の学生と交流する機会も多数設けられ、茶道や合気道、料理を楽しむ日本文化体験では、それぞれ茶道部や合気道部、クッキングママなどの本学クラブ・サークルが協力し、学生同士の交流が図られます。