新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. メディア情報学科で、映画制作のワークショップを行いました

メディア情報学科で、映画制作のワークショップを行いました

メディア情報学科で、映画制作のワークショップを行いました

2019.05.31

 5月29日(水)、メディア情報学科の専門教育科目「動画制作」(担当:宮下十有准教授)において、映像作家の上田謙太郎氏と一般社団法人こども映画教室代表理事の土肥悦子氏を講師にお迎えし、映画制作のワークショップを行いました。
 『赤いボールの冒険』と題したこのワークショップは、名作映画を鑑賞し、その振り返りをグループごとに行い、最後に赤いボールを主人公に映画を撮影するというものです。今回、学生たちは、映画『赤い風船』(1956年、フランス)を鑑賞後、感じたこと、街並み、衣装、撮影技術、風船などをテーマに意見を交換し、分析結果を発表。そして、キャンパス内を舞台に、iPadで赤いボールを主人公にした映像を撮影、編集し、1分程の映画を制作しました。
 最後に、参加者全員で全グループの作品を鑑賞。学生たちは、映画制作を実際に体験することで、制作者の意図をどのように映像で表現するかなど、さまざまな気付きを得る絶好の機会となりました。ここで作られた作品は、今春アメリカ、ブラジル、チリと繋がった『赤いボールの冒険』の映画に繋がっていく予定です。