新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 文化情報学科の阿部ゼミと株式会社読売旅行との旅行商品開発プロジェクトが今年もスタートしました

文化情報学科の阿部ゼミと株式会社読売旅行との旅行商品開発プロジェクトが今年もスタートしました

文化情報学科の阿部ゼミと株式会社読売旅行との旅行商品開発プロジェクトが今年もスタートしました

2019.04.18

 文化情報学科 阿部純一郎准教授の3年生ゼミと株式会社読売旅行(本社:東京都中央区)との産学連携プロジェクトが始まり、1回目の企画会議が実施されました。
 このプロジェクトは、パッケージツアー(募集型企画旅行)の企画立案をはじめ、販売募集用のチラシ作成や実際のツアーに同行するまでの旅行商品企画の一連の流れを体験することで、商品を売るために必要なノウハウを学ぶことを目的としています。昨年に引き続き第2回目の取り組みで、今年は15名の学生が3グループに分かれて企画を立案します。
 今回の企画会議では、各自の商品企画案をグループ内で発表し、どの企画を商品化へ進めるのか意見を出し合いグループとしての方向性について話し合いました。参加した学生たちは、今まで参加したことのあるツアーなどを参考にしながら、目的地や限定イベントなどを提案しました。その後、株式会社読売旅行名古屋営業所の原田聡所長から、昨年の学生企画を例に「団体旅行のメリットを考えながら、今までにない企画を提案してください」とアドバイスを送りました。また、阿部准教授は、「アピールポイントを決めて、定番商品との差別化を図ってください」と期待を寄せました。
 今後は、2度の企画発表会を経て、8月から9月(予定)のツアー実施を目指します。