新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 管理栄養学科の学生が愛知県主催の「あいち健康チャレンジ」に参加

管理栄養学科の学生が愛知県主催の「あいち健康チャレンジ」に参加

管理栄養学科の学生が愛知県主催の「あいち健康チャレンジ」に参加

2019.03.11

 3月2日(土)、3日(日)に、管理栄養学科の学生が、イオンモールナゴヤドーム前店(名古屋市東区)で開催された「あいち健康チャレンジ」に参加し、一般の方々に野菜摂取の啓発活動を行いました。
 愛知県が主催するこのイベントは、健康に関心の低い若年層を主な対象に、愛知県産の農林水産物の消費拡大と健康長寿の実現を狙いとしています。
 昨年に続き2回目の参加となった今回は、有志で集まった管理栄養学科1~3年生と大学院生20名が参加。「スギベジファーム~集まれ!お野菜だいすキッズ!」と題したブースを出展し、ボックス内にある野菜を触って当てるクイズや、野菜型折り紙を作って楽しむ企画などを運営しました。イベント当日は、両日合わせて300名以上が参加し、大盛況となりました。
 参加した学生は、「野菜が嫌いだと言う子どもが、折り紙を楽しむことで野菜に興味を持ってくれたことがうれしかったです。大人の方にも好評をいただき、コミュニケーションを図りながら新鮮な経験をすることができました」と充実した様子で語りました。
 また、3日(日)に同イベント内で開催された「あいちサラダめし第2回大学生レシピコンテスト」では、参加大学10大学40以上のレシピの中から、椙山女学園大学栄養教育論研究室Aチームが考案したレシピが、「あいちの野菜いっぱいで賞」を受賞。大村秀章愛知県知事から愛知県産野菜のかご盛りをいただきました。