新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 看護学部 後藤宗理教授の最終講義が行われました

看護学部 後藤宗理教授の最終講義が行われました

看護学部 後藤宗理教授の最終講義が行われました

2019.03.01

 3月1日(金)、今年度で教授としての定年を迎える後藤宗理先生の最終講義が行われ、看護学部の在学生や卒業生、教職員が聴講しました。
 現在、本学学長を務める後藤先生は、平成22年の看護学部開設時から看護学部教授として教鞭を執り、また、学部長としても尽力し、学部運営で大きな役割を担ってこられました。
 当日は、「看護学部で過ごした9年-キャリア教育を中心に-」と題して、後藤先生が取り組まれたキャリア教育についてお話くださいました。
 最後に、生涯を見据えた指導のポイントとして、「一人ひとり納得する指導に努めること」、教員や職員が自身のキャリアアンカー(キャリアを選択するときの軸となる、最も重要度の高い価値観)を振り返り、「学生に自分の考えを押し付けるのではなく、自分の『人生』を語ることが大切である」と伝えました。