新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 生活環境デザイン学科の学生が参加した「志摩市立東海小学校サイン計画」が、中部地区デザイン賞を受賞しました

生活環境デザイン学科の学生が参加した「志摩市立東海小学校サイン計画」が、中部地区デザイン賞を受賞しました

生活環境デザイン学科の学生が参加した「志摩市立東海小学校サイン計画」が、中部地区デザイン賞を受賞しました

2018.12.06

 生活環境デザイン学科の学生を中心としたデザイン団体「wunit design studio」の有志メンバーが、橋本雅好准教授の指導のもと取り組んだプロジェクト「志摩市立東海小学校サイン計画」が、第52回日本サインデザイン賞(SDA賞)において、中部地区デザイン賞を受賞しました。
 この賞は、優れたサインデザインの作品を広く社会にアピールすることにより、サインデザインの普及および啓発を図ることを目的とするもので、1966年から継続する日本唯一のサインデザインに関する賞です。昨年、同賞においてA-2類入選および中部地区デザイン賞のダブル受賞を果たしたサインプロジェクトの第1弾「新城市立作手小学校・つくで交流館のサイン計画」に続き、2年連続の受賞となりました。