新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 現代マネジメント学部の学生たちが、大学と地域連携活動の可能性を探る学生ミーティングで発表しました

現代マネジメント学部の学生たちが、大学と地域連携活動の可能性を探る学生ミーティングで発表しました

現代マネジメント学部の学生たちが、大学と地域連携活動の可能性を探る学生ミーティングで発表しました

2018.11.29

 11月24日(土)、愛知東邦大学(名古屋市名東区)で開催された『大学・学生は地域社会にどう貢献できるか』をテーマにした学生ミーティングにおいて、現代マネジメント学部の水野英雄准教授の2年生のゼミ生が参加し発表を行いました。
 今回の学生ミーティングは、各大学が取り組んでいる地域との連携活動の紹介と課題の討議を行い、地域の人々と学生の声を集めて提言することを目的に開催されました。
 本学から参加した上田明里さん、千賀楓夏さん、田中紗衣さんの3名は、「星ヶ丘三越と連携した『デパ地下マップ』と『お菓子総選挙』」について発表しました。現代マネジメント学部では、学生が星ヶ丘三越で食品売り場を調査し、その魅力を紹介する「デパ地下マップ」を作成したり、和菓子と洋菓子の商品を選びLINEで公開し投票する「お菓子総選挙」を実施した事例を紹介。女子大学生ならでは視点を取り入れた点が各方面から評価され、地域への貢献となったことを成果として発表し、学生ミーティング参加者の関心を集めていました。