新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 生活環境デザイン学科の学生が制作したイルミネーションが、東山動植物園もみじ狩り「紅葉ライトアップ」を盛り上げています

生活環境デザイン学科の学生が制作したイルミネーションが、東山動植物園もみじ狩り「紅葉ライトアップ」を盛り上げています

生活環境デザイン学科の学生が制作したイルミネーションが、東山動植物園もみじ狩り「紅葉ライトアップ」を盛り上げています

2018.11.22

 東山動植物園(名古屋市千種区)で開催中のもみじ狩り「紅葉ライトアップ」に、生活環境デザイン学科4年生の安藤里佳さんが制作したイルミネーションが展示され、イベントを盛り上げています。
 毎年恒例となったこの取り組みは、生活環境デザイン学科の学生の卒業企画として、東山動植物公園の魅力向上を目的に、イルミネーションの企画制作とワークショップのプロデュースを行っています。11月16日(金)に行われた点灯式には、後藤宗理学長と学生の指導を担当した雨宮勇教授、安藤さんが出席し、イルミネーションの説明などを行いました。
 今回のライトアップのコンセプトは、「まとめる」「結びつける」などの意味を持つ『結(ゆい)』。星が丘テラスのウィンターイルミネーションとして毎年製作しているミニチュアハウスを中心に、植物園をイメージした花の照明を組み合わせ、星が丘エリアと本学学生をまとめ、結び合わせたいという思いが込められています。期間中、会場を訪れた人たちは、写真を撮るなどして暖かなイルミネーションに見入っていました。

【紅葉ライトアップ】
日時:11月25日(日)20時30分まで(入園は20時まで)
場所:東山動植物園 星が丘広場周辺

【ワークショップ ランタン製作体験】
日時:11月22日(木)~25日(日)16時30分~19時30分受付
場所:東山動植物園 星が丘門ロビー
参加費:500円