新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 文化情報学科の学生がラジオドラマの再現に触れる

文化情報学科の学生がラジオドラマの再現に触れる

文化情報学科の学生がラジオドラマの再現に触れる

2018.11.06

 10月25日(木)、文化情報学科の「デジタルアーカイブ論」(担当:飯塚恵理人教授)において、中部日本放送(CBC)の元演劇担当演出家の佐藤年氏他4名を特別講師に迎え、ラジオドラマの再現を行いました。
 今回取り上げた作品は、CBCが制作した『昔語り源五郎』シリーズの「天女」です。この作品は、昭和28年の文部省(現文部科学省)芸術祭ラジオドラマ部門において、初めて奨励賞を受賞しました。講義では、当時演出を担当された佐藤氏のほかに、実演された劇団CBC所属の舟木淳氏と松ヶ崎敬子氏(椙山女学園高等学校出身)、さらに音響技師の成田徹男氏と岡本常守氏が教室においてドラマを再現して録画、アーカイブ化しました。
 教室で聴く声優の声は大変迫力があり、学生からは「昔話の世界が身近に感じられて感動した」という感想が寄せられました。学生は、プロの音声・音響技術という本物のラジオドラマを間近に触れ、「聞く芸術」としてのラジオドラマの素晴らしさを実感するとともに、デジタルアーカイブ化の大切さを学びました。