新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 国際コミュニケーション学部でコピーライターによる特別講義を行いました

国際コミュニケーション学部でコピーライターによる特別講義を行いました

国際コミュニケーション学部でコピーライターによる特別講義を行いました

2018.10.22

 10月18日(木)、国際コミュニケーション学部の専門基礎科目「記号文化論(担当:水島和則教授)」で、株式会社博報堂(東京都港区)でコピーライターとして活躍する石本香緒理氏をお招きし、広告コピーに関する特別講義を行いました。
 「言葉ノチカラ」と題した講義では、石本氏が携わった広告コピーの事例をもとに、作成の過程やコピーに込めた想いなどが紹介されました。事例の中には、普段のテレビコマーシャルで馴染みのあるものも含まれており、聴講した学生は、何気なく見ているコマーシャルの裏側に企業が伝えようとしている意図やこだわりがあることを知ることができました。
 講義において石本氏は、広告コピーで大切なものは物事をとらえる視点であると指摘。同じ事象でも、コピー次第で印象は大きく変わるため、自分の中にある経験と化学反応をさせることの重要性を指摘されました。
 学生は、今回の講義を通じて改めて「言葉」が持つ力の大きさを学ぶことが出来ました。この学びが、今後の授業や文化発信に関する学部の学びに活かせることが期待されます。