新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 本学が「あいち認知症パートナー大学」に登録されました

本学が「あいち認知症パートナー大学」に登録されました

本学が「あいち認知症パートナー大学」に登録されました

2018.10.12

 本学が「あいち認知症パートナー大学」に登録されました。これに合わせて、10月11日(木)、愛知県産業労働センター(ウインクあいち/名古屋市中村区)にて「あいち認知症パートナー宣言推進フォーラム」が開催され、本学から後藤宗理学長が参加し登録証を受領しました。
 愛知県では、平成29年9月に「あいちオレンジタウン構想」を策定し、認知症に理解の深いまちづくりの実現を目指しています。認知症に理解の深いまちづくりに「じぶんごと」として取り組む企業や大学等を「あいち認知症パートナー企業・大学」として登録し、その取り組みを広く公表することで社会的機運の醸成を図る目的があり、本学も登録申請が認められました。今回、パートナーとして認定された企業や大学等は、全体で38の団体になります。
 フォーラムでは、大村秀章 愛知県知事による登録証授与のほか、企業・大学での事例紹介、若年性認知症の方と支援者の対談、さらにタレント・荒木由美子氏による認知症の介護体験について講演がありました。
 本学での取り組みとして、10月18日(木)、人間関係学部で認知症サポーター養成講座を実施します。当日は、認知症高齢者との接し方を仮想体験するロールプレイを取り入れるなど、実践的な養成講座を展開する予定です。本学は、「あいち認知症パートナー大学」として、認知症に理解の深いまちづくりに貢献していきます。

【前列右から2人目が後藤宗理学長】