新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 文化情報学科の小山渚紗さんが、第88回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)で優勝!

文化情報学科の小山渚紗さんが、第88回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)で優勝!

文化情報学科の小山渚紗さんが、第88回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)で優勝!

2016.01.20

 1月5日(火)~1月9日(土)に、栃木県立日光霜降アイスアリーナ(栃木県日光市)で行われた第88回日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)のフィギュア部門競技Bクラスで、文化情報学科2年の小山渚紗さんが、個人で優勝!団体でも2位の成績を収めました。このフィギュア部門競技Bクラスには、全国25大学から28人が参加。小山さんは、自分で選んだアラビアンな曲調のSongs from the Victorious City(Anne Dudley And Jaz Coleman)の曲に合わせて、ピンクを基調とした衣装にへットドレスを付け、「壁画から蘇る踊り子」をテーマに、煙のように手を動かし、指先まで表現に工夫しながら滑りました。
 去年の6月に、コーチを変えて、ジャンプの方法も変えたが、うまくいかず何度も失敗し、苦しみ悩んでいた小山さん。予選会は、ジャンプの難易度を下げて出場しましたが、本大会は、これまでの練習の集大成を発揮したいとの譲れない気持ちから難易度の高いジャンプで臨みました。
 小山さんは、「7歳からスケートを始め、これまでも、数々の大会で入賞していますが、このインカレで1位になることをずっと目標に頑張ってきたので、当日はベストコンディションで参加でき、目標が達成できて本当にうれしい。」と満ち足りた笑顔で語りました。 また、「アイスショーに出場することとコーチになることを目標にもっと頑張りたい。」と次なる抱負も話しました。