新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 人間関係学科3年の小野愛未さんが、ボールルームダンス中部八種目戦で優勝しました

人間関係学科3年の小野愛未さんが、ボールルームダンス中部八種目戦で優勝しました

人間関係学科3年の小野愛未さんが、ボールルームダンス中部八種目戦で優勝しました

2016.10.04

 9月25日(日)に、愛知大学豊橋キャンパスで行われた中部日本学生競技ダンス選手権大会第52回八種目戦において、人間関係学科3年の小野愛未さんが団体戦の部で優勝を果たしました。
 中部地方の大学から37組が参加し、モダン4種目、ラテン4種目の計8種目を競うこの大会。小野さんは、ペアを組む東海学園大学3年の伊藤尚汰さんとともに、1次、2次、準決勝、上位決勝戦と勝ち進み、1分20秒(準決勝以上は1分30秒)のダンスを全部で32回(8種目×4)踊りきり、見事優勝を勝ち取りました。
 大学1年生からボールルームダンスを始め、名古屋大学の学生会館やその他の練習場で、週5日の練習を続けている小野さん。「専攻しているラテンに偏らず、ラテン、モダンともに練習を重ね、優勝を狙っていた。不安もあったが優勝できてうれしい。」と喜びを語りました。
 次回は、10月23日(日)に、大阪市立大学で行われる西日本モダン戦に出場予定。小野さんは、「モダン専攻の選手には及ばないかもしれないが、頑張って上位をめざしたい」と抱負を語りました。