新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 管理栄養学科の江戸佑里菜さんが「第28回全国JDAダンスコンクール」で優勝!

管理栄養学科の江戸佑里菜さんが「第28回全国JDAダンスコンクール」で優勝!

管理栄養学科の江戸佑里菜さんが「第28回全国JDAダンスコンクール」で優勝!

2017.05.12

 5月3日(水・祝)に行われた「第28回全国JDAダンスコンクール」(一般社団法人 日本ジャズダンス芸術協会主催)において、管理栄養学科1年の江戸佑里菜さんが中高生部門(大会のエントリー時の年齢の部門に参加)で優勝しました。同部門には、27組が出場。このうち、地区大会予選を通過した7組に加え、9組が本選へ進みました。
 江戸さんは、福井県出身。3歳の時に、夏祭りのパレードで見た踊りにあこがれ、ダンスを始めました。10歳からは、三代真史ジャズ舞踊団敦賀支部でダンスを習い始め、より上手くなりたいとの強い思いから、高校生の時に、親戚のいる名古屋市内に転居し、同舞踊団名古屋本部にて、平日の夜と週末に、欠かさず練習をしてきました。
 その努力が実を結び、今回、優勝を勝ち取りました。また、同大会の東京都知事賞も同時に受賞。江戸さんは、「毎回、大会や舞踊団の公演前の特訓は、本当に厳しくて何度も涙を流しましたが、ステージを見に来てくれる方の楽しかった。また来たい!という声にやりがいを感じながら、続けてきました。今は、優勝が信じられなくて、とても嬉しいです!」と受賞後の気持ちを笑顔で語りました。
 現在、1年生の江戸さんは、他大学の合同ダンスサークルにも所属。「今後は、ダンスも楽しみながら、もっと上の技ができるように目指し、管理栄養士取得に向けての勉強も両方を頑張りながら、進路を考えていきたい」と話しました。

5月13日 中日新聞朝刊で紹介されました