新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 学部を超えた交流!2学部3ゼミによる卒業研究合同中間報告会を実施しました

学部を超えた交流!2学部3ゼミによる卒業研究合同中間報告会を実施しました

学部を超えた交流!2学部3ゼミによる卒業研究合同中間報告会を実施しました

2017.09.15

 9月8日(金)、星が丘キャンパスにおいて、人間関係学部の杉藤重信教授、谷口功教授、文化情報学部の宮下十有准教授のゼミが合同で卒業研究(論文)の中間報告会を行いました。通常、こうした中間報告会は学科ごとやゼミごとで行いますが、異なった分野の報告を聞くことで、新しい知見や考えを得ることを目的として開催し、今年度で4回目になります。
 今回の報告会では、人間関係学部の佐川佳之准教授、生活科学部の雨宮勇教授、現代マネジメント学部の齊藤由里恵准教授にもオブザーバーとして参加していただき、学生らが自身の卒業研究(論文)のテーマや目的、研究方法や分析結果、今後の取組みを発表。その後の質疑応答では、指導教員や他学部の教員からのアドバイスでが新たな気づきを得ていました。
 発表を終えた学生からは、「異なる視点からの指摘が参考になった」、「自分のやりたいことや考えたいことが整理された」と今回の報告会の成果を強調。他学部と卒業研究の取り組みを共有することで、興味・関心の幅を広げる貴重な機会になりました。