新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 高校生・大学生14チームによる熱い戦い!現代マネジメント学部主催『第6回ビジネスプラン・コンテスト』を開催しました

高校生・大学生14チームによる熱い戦い!現代マネジメント学部主催『第6回ビジネスプラン・コンテスト』を開催しました

高校生・大学生14チームによる熱い戦い!現代マネジメント学部主催『第6回ビジネスプラン・コンテスト』を開催しました

2018.12.20

 12月15日(土)、現代マネジメント学部主催による『第6回ビジネスプラン・コンテスト』本大会が開催されました。このコンテストは大学生と高校生の現代社会の課題を解決するビジネスプラン・地域活性化プランを募集するもので、名古屋商工会議所、名古屋市信用保証協会の協賛で実施されました。
 コンテストには東海・北陸地方から高校生の部で31件・大学生の部で8件の計39件の応募があり、1次審査(書類審査)で選ばれた14チームが本大会でのプレゼンテーションに臨みました。
 当日は、どのプランも十分な調査のうえで練り上げられた内容になっており、プレゼンテーションにパフォーマンスを取り入れるチームがあるなど、非常にレベルの高い戦いになりました。
 最優秀賞は高校生の部で、地域の高齢者が廃棄野菜や規格外野菜を使い安価な手料理を提供する「安円食堂」を中心に、高齢者の生きがいづくりを通して空き家増加問題を解決するプランを提案した、岡崎商業高校課題研究Bチームが、大学生の部では日本の農業の活性化を目標に農業に特化した求人募集とネット販売の総合的なサイトの提供を提案したKrKt(椙山女学園大学現代マネジメント学部)チームが選ばれました。
 また、コンテストに合わせて起業に向けての講演会を開催。日本政策金融公庫 国民生活事業本部 名古屋創業支援センター所長 江原明彦氏に「"起業"という選択~みなさんが創っていく未来」と題したお話をいただきました。江原氏はキャリア選択としての起業の魅力とともに、ロボットによって省力化、自動化が進み課題解決が容易になるAI時代だからこそ重要度が高まる課題発見力や、アイデアを実行できる行動力など、起業家だけでなく、これからの社会で求められる人材像についてお話をされ、参加者は熱心に耳を傾けていました。

【高校生の部】
◆最優秀賞
空き家をなくし、かつての空き家から岡崎を笑顔に まずは、「安円食堂」から(愛知県立岡崎商業高等学校)
◆優秀賞
私の駅中水族館(岐阜県立大垣養老高等学校 食品科学科)
◆名古屋商工会議所特別賞
VRレストラン(愛知県立犬山高等学校 商業科)
◆名古屋市信用保証協会特別賞
教材のもったいないをなくそうプロジェクト(椙山女学園高等学校)
◆敢闘賞
地元を救え!商店街を利用したTOMISHOP計画(富山県立富山商業高等学校)

【大学生の部】
◆最優秀賞
10年後には農家半減⁉ 日本の未来を救え 農業総合サイト(椙山女学園大学 現代マネジメント学部)
◆優秀賞
愛知県における事業承継マッチングとコンサルティングサービス(東海学園大学 経営学部)
◆名古屋商工会議所特別賞
コネクルで充実したジャパンライフを!(中京大学 国際教養学部)
◆名古屋市信用保証協会特別賞
サーNavi サークル探しをもっと楽しくもっと楽に(椙山女学園大学 現代マネジメント学部)
◆敢闘賞
こどもスポットプロジェクト
~地域特化型保育園・幼稚園・こども園支援アプリ~(名城大学 経済学部)