新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 1,449名の旅立ち 平成30年度卒業証書学位記授与式を挙行しました

1,449名の旅立ち 平成30年度卒業証書学位記授与式を挙行しました

1,449名の旅立ち 平成30年度卒業証書学位記授与式を挙行しました

2019.03.15

 3月15日(金)、名古屋国際会議場センチュリーホール(名古屋市熱田区)において、椙山女学園大学の平成30年度卒業証書学位記授与式が挙行されました。
 この日、修了・卒業式を迎えたのは大学院生15名と大学生1,434名の合計1,449名。式典は金剛鐘の音色で開式、学園歌斉唱に続き、修了生および卒業生への学位記授与式が行われ、各研究科・学部の代表者が後藤学長から学位記を授与されました。
 後藤学長は送る言葉で「これから社会に出ると、異なる文化や生活習慣、様々な世代の人たちとの交流が増えるので、そのような時こそ人と支え合い、人を大切にできるよう過ごしてください」と、卒業生に語りました。
 また、卒業生のお礼のことばでは表現文化学科の西村佳純さんが「たくさんの出会いと学びの機会に恵まれ、切磋琢磨した椙山女学園大学での経験を糧に、本学の教育理念『人間になろう』を生涯胸に刻み、実りある人生を切り開き社会へ貢献していけるよう精進します」と力強く語りました。
 閉式後は、各学科に分かれて、恩師から一人ひとり学位記を受け取り、友人らとともに卒業の喜びを分かち合っていました。