新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 人間関係学科の学生が「はがき1枚からの男女共同参画」作品募集で入賞!

人間関係学科の学生が「はがき1枚からの男女共同参画」作品募集で入賞!

人間関係学科の学生が「はがき1枚からの男女共同参画」作品募集で入賞!

2017.10.27

 愛知県県民生活部男女共同参画推進課主催の作品募集「はがき1枚からの男女共同参画」で人間関係学科1年の中田真衣さんが優秀賞に入賞しました。
 性別に関らず、自らの意思で生き方を選び、家庭、学校、地域、職場などのあらゆる場面で人々が支え合い、責任を分担し、その個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」の実現に向けて行動するきっかけづくりとして、「わたしが暮らすなら、こんな男女共同参画社会」をテーマに作品が募集されました。
 中田さんは、人間関係学科で開講されている教養教育科目「社会」(吉田あけみ教授担当)の講義内でこの作品募集のことを知り、課題として応募。講義で学んだジェンダーやセクシュアリティ、働く意義や法律について改めて考え、作品に挑戦しました。
 中田さんは作品に、「男性の服装は青、女性の服装はピンク、男性が働く、女性が家事をするなど決めずに、好きなように選んで生活する社会になって欲しい。また、作品を見た人たちが、みんな違って、個性があって当たり前なので、型にはまった生き方をせずに、十人十色だということを感じて欲しい。」という想いを込めて描きました。
 受賞後中田さんは、「1通のはがきの絵でも、見た人たちが、もっとジェンダーについて考えてくれるようになればうれしい」と話しました。
 今後、中田さんの作品は、男女共同参画月間の10月に、愛知県庁やウィルあいちなどで展示される他、愛知県が制作する啓発リーフレットに活用されます。