新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 生活環境デザイン学科の中根さんが「バリアレス シティ アワード&コンペティション2016」で優秀賞を受賞!

生活環境デザイン学科の中根さんが「バリアレス シティ アワード&コンペティション2016」で優秀賞を受賞!

生活環境デザイン学科の中根さんが「バリアレス シティ アワード&コンペティション2016」で優秀賞を受賞!

2017.04.03

 「バリアレス シティ アワード&コンペティション2016」において、生活環境デザイン学科4年の中根みくさんが優秀賞を受賞しました。
 今回のテーマは、「旅行者に優しいデザイン」。2020年東京でのオリンピック開催で、日本は世界から注目を浴びることになります。スポーツ選手や多くの外国人旅行者が訪れますが、そのときに、世界は日本をどのように評価するか?ということをポイントに、作品を募集しました。
 中根さんは、以前から介護や福祉などに興味があり、誰かのためにできるデザインを考えたくて、東京のまちや観光地などを想定した、バリアレスシティにつながるアイディアをテーマとした「提案部門」に応募。交通機関の改善やサイン看板の工夫、言語の壁よりも、外国人旅行者の人々が日常生活の不安を解消するために、身近な部分を観光にして提供できる場を提供したいという想いから、スーパーマーケットのツアーを提案しました。
 受賞について中根さんは、「前回のコンペでは、提案内容やレイアウトで、とても苦労したのに、入賞できず悔しかったので、今回のコンペでは、相手に伝えることをより意識した作品にしたところ、入賞できてよかったです。これから、就職活動を始めますが、卒業後は、お客様の住みたい家を設計したり、お客様が長年住んだ家をリフォームして、活用する方法を提案できるような住宅に携わる仕事に就きたいです。」と今後の意欲を語りました。