新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 生活環境デザイン学科の学生たちがボランティアとして「みんなのファッションショー HOSHIGAOKA 2015-16」に協力

生活環境デザイン学科の学生たちがボランティアとして「みんなのファッションショー HOSHIGAOKA 2015-16」に協力

生活環境デザイン学科の学生たちがボランティアとして「みんなのファッションショー HOSHIGAOKA 2015-16」に協力

2016.04.18

 3月13日(土)、星ヶ丘三越1Fピロティ(名古屋市千種区)において、「みんなのファッションショー HOSHIGAOKA 2015-16」が開催され、生活環境デザイン学科の学生がボランティアとして参加しました。
 このイベントは、つくる人が着てほしい人に対しデザインを提案し、着る人が自分で着たい服を選ぶことが出来る、『つくる人が「見せたい」デザインと、着る人が「着たい」デザインがひとつになったファッションコンテスト』です。建築デザインを専門とする生活環境デザイン学科の村上心教授が、地域の方々や企業の方々の協力を得て、立ち上げました。
 当日は、本学生活環境デザイン学科でアパレルを専攻している学生や村上研究室のゼミ生など20名と、愛知東邦大学、愛知淑徳大学の学生3名がボランティアとして参加。学生ボランティアのみなさんは、出場者の誘導や案内警備、演出、アンケートの集計やチラシ配布など企画、運営に携わりました。参加した学生は、「自分たちが指示を出す立場になり、苦労する点も多かったが、実際に裏方として働いたことで様々な改善点を見つけることができたので、今後に活かしていきたい」と今回の成果を語りました。