学び発見ガイド

  1. ホーム
  2. 学び発見ガイド
  3. 好きだけでは書けないが、好きだから書ける!? 小説の世界

好きだけでは書けないが、
好きだから書ける!?
小説の世界

関連ワード
  • 小説
  • 出版
  • 物語

  • 1心理描写や出来事をどう表現すれば伝わるか

    小説が好きなら、小説は書けるものでしょうか。また、人が読んでくれる小説には何が必要なのでしょう。
    例えば男女の恋の物語であれば、単に男女の行動を描くだけでは何も伝わりません。その時々でどのように気持ちが揺れ動き、結ばれた瞬間の心はどうだったのかを描くことで、グッと読み手を惹きつけるのです。
    例えば、海外での体験を物語の題材にするとき、さまざまな出来事を描いても読み手は飽きてしまいます。そこで、出発前の準備やパッキングだけにポイントを絞って書くと、ワクワク感や「この先、何が起こるのだろう」と思わせる作品となります。

    NEXT
    2.小説の背景や言葉の使い方も徹底的に調査
  • 2小説の背景や言葉の使い方も徹底的に調査

    小説は、恋愛、冒険、ホラー、ミステリーなどジャンルも多様です。どの分野でも「何を伝えるのか」を明確にすることが非常に重要です。心理描写はどの言葉を使ってどう表現するのか、そのための幅広い言葉の知識、どんな展開にするのかといった構成の知識も必要になります。
    歴史小説ならその時代や文化について、また格闘技や剣術など、物語の背景として必要なことやわからないことを、きちんと調べることが大切です。時には自分自身と向き合うこともあります。さまざまな過程を経て、言葉を紡いでいくのです。

    NEXT
    3.手にとってもらう装丁、聞かせる小説
  • 3手にとってもらう装丁、聞かせる小説

    さらに、小説の出版には、表紙デザインや扉などを含めた装丁や挿し絵なども不可欠で、小説の一つの表現ととらえることができます。また、ラジオドラマのように「聞かせる物語」もあります。読ませる場合と聞かせる場合とでは、どんな違いが生まれるのか、どのような表現が必要かを考えます。
    こうして自ら生み出した小説が一冊の本にまとまったとき、何ものにも代え難い達成感や満足感を手にするでしょう。自分を肯定できるようになり、自分を好きになることができ、自信をもてるようにもなります。小説を書き上げることを通じて、表現力だけでなく、多彩な知識とスキル、体験を手に入れられるのです。

    PREV
    はじめに戻る

  • 1
  • 2
  • 3

興味が湧いたら!
CLICK
日本語学、文学が向いているかも!

国際コミュニケーション学部 表現文化学科 教授 堀田 あけみ 先生

国際コミュニケーション学部
表現文化学科 教授
堀田 あけみ 先生
私は『1980アイコ十六歳』という小説を書き、17歳で作家デビューしました。物語がなくても人は生きていけます。でも、好きな物語があると人生はとても豊かになります。大学で物語が好きな人たちが集まり、自分にとって本当に大切なもの、価値があるものを、共通の夢をもつ仲間たちと追いかけていく。その過程で、表現力、日本語力、調査する力といったスキルを身につけ、卒業制作では自分の作品が一冊の本になります。ここで、そんなかけがえのないときを過ごしてみませんか。
この学問が学べるのは…
Scroll
国際コミュニケーション学部表現文化学科
国際コミュニケーション学部 表現文化学科