学び発見ガイド

  1. ホーム
  2. 学び発見ガイド
  3. 経営学を学ぶことで見えてくる製品の「別の顔」とは?

経営学を学ぶことで見えてくる
製品の「別の顔」とは?

関連ワード
  • 戦略
  • Apple社
  • 経営

  • 1生き物みたいな製品の「寿命」

    製品にも、市場での“寿命”があるのを知っていますか? 製品の誕生から衰退までのプロセスを、生き物の一生になぞらえて表すことができるのです。これを「製品ライフサイクル」と呼びます。
    開発されて市場に投入されたばかりの「導入期」、市場に広まる「成長期」、安定してどんどん売れる「成熟期」、飽和状態で売れなくなる「衰退期」です。資金的に見ると、企業に利益を一番もたらすのは成熟期で、この成熟期をいかに大きく長く維持するかに、各企業は努力しています。

    NEXT
    2.「家族」のように支え合う製品
  • 2「家族」のように支え合う製品

    「製品ライフサイクル」は、人間の家族に置き換えて考えることもできます。
    導入期は、経費がかかってまだ利益が出ない「子ども」、成長期は、経費(教育費)がかかるけれど、アルバイトで少しお金を稼ぎだす「学生」、成熟期は、仕事をして家計を支える「父や母」、衰退期は、あまり収入は多くないが経費もあまりかからない「高齢者」という形です。人間の家庭の多くがそうであるように、企業でも「父や母」にあてはまる製品が利益をもたらし、その利益で主に「子ども」や「高齢者」に該当する製品を支えているのです。
    ですから企業は、常に成熟期の製品を維持するように、時期をずらして複数の製品を開発・販売します。

    NEXT
    3.経営学を学んで世の中の動向を理解する
  • 3経営学を学んで世の中の動向を理解する

    その例がApple社の製品です。音楽を聴くためのiPod、モバイルでネットが利用できるiPad、スマートフォンのiPhoneと連続してヒット製品を生み出したり、バージョンアップしたりして、常に利益を確保できるように戦略を立てているのです。
    しかし、製品にも個性があり、衰退期を迎えた後に復活して売り上げを伸ばすものや、何度も成熟期と衰退期を行ったり来たりするものもあります。
    経営学では、このようにさまざまな製品を「理論」と「ケーススタディ」の両輪を用いて分析します。
    そうすることで、不確実な世の中の動向がよく見えてきて、理解できるようになるのです。

    PREV
    はじめに戻る

  • 1
  • 2
  • 3

興味が湧いたら!
CLICK
経営戦略論、経営学が向いているかも!

現代マネジメント学部 現代マネジメント学科 准教授 石井 圭介 先生

現代マネジメント学部
現代マネジメント学科 准教授
石井 圭介 先生
大学生は自由です! 長い人生で一番気ままな時期かもしれません。しかし、その自由にともなって責任も当然重くなります。
家族や社会に対しての責任だけでなく、自分自身のこれからの人生に対する責任もあります。
大学では、勉強だけやれ!とは言いません。そう思ってもいません。ただ、たった一度の人生を楽しく実り豊かなものにするために、大学生活をどのように過ごせばよいのか考えてみてください! 何を選択し、おのおのにどうウエイト付けをするかは、人それぞれ異なるはずです。大学生活を戦略的な人生設計のスタートとしましょう!
この学問が学べるのは…
Scroll
現代マネジメント学部現代マネジメント学科
現代マネジメント学部 現代マネジメント学科