学び発見ガイド

  1. ホーム
  2. 学び発見ガイド
  3. 外国人と共に生きる知恵を――「異文化間教育」で変わる教育現場

外国人と共に生きる知恵を――
「異文化間教育」で変わる教育現場

関連ワード
  • 教育
  • 外国人
  • 異文化

  • 1外国人の子どもが増えている学校の現状

    経済のグローバル化にともなって、国境を越えて働く人が増えてきました。日本で働く外国人も増え、その子どもたちが日本の学校で学んでいます。その際、言葉が違うために授業についていけず、疎外感を味わうなど困難な状況に置かれることが多いのです。そこで、外国人の子どもに日本語や日本の習慣・文化を教え、また、日本人の子どもと外国人の子どもの文化的なギャップを埋めて、問題を克服しようというのが「異文化間教育」です。例えば、日本では子どもの頭をなでるのは愛情表現ですが、それがよくないこととされる国もあります。こうした文化の違いを知ってトラブルをなくすのも異文化間教育です。

    NEXT
    2.外国人の子どもに日本語を教えるノウハウの確立
  • 2外国人の子どもに日本語を教えるノウハウの確立

    言語教育の方法は大きな課題です。日本に来て、弟や妹のほうが早く日本語に慣れたのに自分はうまく話せないと、やる気をなくす子がいます。実は、小さい子は、日本語を早く習得しますが、そのかわりに、母国語を忘れやすいのです。これに対して、高学年から日本語を学び始めると習得に時間がかかりますが、そこを乗り越えれば2つの言語を操れるようになるのです。教師がそれを知っていれば、その子を励ましながら適切な指導で日本語を教えることができます。
    昔から移民を受け入れてきたアメリカでは、母国語以外の第二言語として英語を習得するためのノウハウが確立されています。日本でも、外国人に日本語を教えるためのカリキュラムが開発され、文部科学省が手引書を発行したり、教師の研修が行われたりと、教育現場も変わってきています。

    NEXT
    3.世界を学ぶことで外国人児童の居場所をつくる
  • 3世界を学ぶことで外国人児童の居場所をつくる

    また、外国人の子どもを受け入れるクラスの雰囲気や人間関係をつくることもたいへん大事です。そのため、授業の中で、外国人の子どもに母国のことを教えてもらう機会をつくる取り組みも行われています。こうした異文化間教育ですが、今後ますます必要性が高まってきます。教師は、変化していく環境に適応できる能力が求められるでしょう。

    PREV
    はじめに戻る

  • 1
  • 2
  • 3

興味が湧いたら!
CLICK
教育学、国際教育、グローバル教育が向いているかも!

教育学部 子ども発達学科 教授 宇土 泰寛 先生

教育学部
子ども発達学科 教授
宇土 泰寛 先生
グローバル化が進み、企業でもいろいろな国の人と仕事をする時代になりました。学校にも、多くの外国からの子どもたちが日本の子どもたちと共に学ぶようになりました。そのためにどんな教育が必要なのか、さまざまな議論が行われています。異文化間教育は、外国人の子どもだけでなく、日本人の子どもにとっても、国際社会で役に立つ人材になるために重要なのです。私のゼミでは、異文化間教育に力を入れていて、地域の多文化共生や海外との交流プロジェクトも行っています。未来志向、最先端の教育を、一緒に考えてみませんか?
この学問が学べるのは…
Scroll
教育学部子ども発達学科初等中等教育専修
教育学部 子ども発達学科 初等中等教育専修