学び発見ガイド

  1. ホーム
  2. 学び発見ガイド
  3. 観察やオノマトペの研究で、幼児教育のプロを育てる

観察やオノマトペの研究で、
幼児教育のプロを育てる

関連ワード
  • 幼児教育
  • 子ども
  • オノマトペ

  • 1子ども本来の力を引き出す幼児教育

    「発達」は、英語で書くと「Development」で、これには「包みを開く」という語源があるそうです。いまの幼児教育は、子どもに教えるというより「子どもが本来持っている力を引き出す」ことに重点が置かれています。まさに「Development」です。どう環境を整え、どんな刺激を与えれば、子どもの力は引き出されるのか、幼児教育学では、それを学問としてはもちろん、幼稚園などでの実習を通して学びます。幼稚園教諭や保育士など、幼児教育をめざす人の基礎部分といえます。

    NEXT
    2.子どもを観察し、成長をサポートする
  • 2子どもを観察し、成長をサポートする

    子どもの発達過程では、「人と関わること」が大きな要素になります。発達心理学では、子どもがお母さんのおなかの中にいる段階から、人と関わる力の芽生えと育ち、それを育む環境のあり方を研究しています。
    幼い子どもが人と関わる力を身につけていくためには、適切な環境と指導が必要です。例えば、グループの輪に入れない子どもは「一緒に遊びたい」という表現が上手にできないのかもしれません。そんな時は、輪に入れるきっかけをつくるなど、さりげなく人と関わる力の成長をサポートするのが、保育のプロの役割です。それには実習などで、子ども一人ひとりの表情や態度を観察し、洞察力を磨くことが大切です。

    NEXT
    3.オノマトペを通して子どもを理解する
  • 3オノマトペを通して子どもを理解する

    「オノマトペ」というのは、「ドンドン」や「クルクル」といった擬声語・擬態語のことです。感情や状態を感覚的に表現でき、子どもが自己表現しやすく、理解もしやすいという特長から、幼児教育の世界で注目を集めています。例えば、ただ「跳んで!」と言うよりも、「ぴょんと跳んで!」と言ったほうが、子どもはウサギをイメージして元気に跳びはねてくれます。
    また、子どものオノマトペは実に多彩です。例えば、雨の表現は大人なら「ザーザー」くらいですが、子どもは「ピリピリ」「シャーシャー」と、さまざまな表現をします。その微妙な違いが、子どもの発達や心理を理解するキーワードになることもあるのです。

    PREV
    はじめに戻る

  • 1
  • 2
  • 3

興味が湧いたら!
CLICK
教育学、発達心理学、幼児教育学が向いているかも!

教育学部 子ども発達学科 教授 石橋 尚子 先生

教育学部
子ども発達学科 教授
石橋 尚子 先生
私は発達心理学の立場から、子どもの「人と関わる力」の発達や、オノマトペを通した子どもの理解を研究しています。附属幼稚園での実習は、子どもに実際に接する実践の学びです。人と関わる力が芽生え、育ち始めた子どもが、「心の中で何を考えているか」また「どんなサポートを差し伸べるべきか」、そんな観察眼と対応力を養うことができます。子ども界は不思議に満ち溢れています。その不思議を一緒に楽しんでみませんか? 子どもがスクスク成長する姿を見守るのは、本当に楽しいものです。別の人生をそばで見続ける喜びがあります。
この学問が学べるのは…
Scroll
教育学部子ども発達学科保育・初等教育専修
教育学部 子ども発達学科 保育・初等教育専修