学び発見ガイド

  1. ホーム
  2. 学び発見ガイド
  3. 映画やドラマから見える、「言葉」による表現を大切にするアメリカ

映画やドラマから見える、「言葉」による表現を大切にするアメリカ

関連ワード
  • 言葉
  • アメリカ
  • アピール

  • 1周りへのアピールも大切にする恋愛観

    アメリカの恋愛映画やドラマでは、日本人だと恥ずかしくなるほど、公然と愛情表現をするシーンが登場します。これはフラート(いちゃつき)という西欧文化の伝統に根ざす一方、アメリカ人の恋愛観では恋人関係を築くことを、周りの人にも知ってもらうことが重視されるという面もあります。このようにアメリカでは、「アピールすること」がよしとされ、それが「言葉」によるコミュニケーションの重要さにもつながっています。

    NEXT
    2.弾丸のようなセリフのドラマが人気
  • 2弾丸のようなセリフのドラマが人気

    1999年から2006年まで、『ザ・ホワイトハウス』(原題「TheWest Wing」)というドラマがアメリカで放送されました。大統領と側近を描いた政治ドラマで、大変な人気を博しました。このドラマは、弾丸のような言葉のやり取りで物語が展開していきます。ある人物が、一度に3人からの別々の話題で話しかけられ対応していくという、めまぐるしいシーンもありました。このような手法は日本では見られないものです。このドラマが広く受け入れられている現状から、日本人とアメリカ人で「言葉を使うこと」に対する受け止め方が違うことがわかります。

    NEXT
    3.言葉に対する意識が高く、言語能力を重視する社会
  • 3言葉に対する意識が高く、言語能力を重視する社会

    また、ディズニー映画を注意深く見ると、重要な言葉が映画の中で繰り返し使われています。例えば『アナと雪の女王』では「Don’t let them in……」というフレーズが、別々の登場人物の口から違うシーンで二度、挿入歌の歌詞としても一度出てきます。これは言葉によるメッセージの伝達を意識した反復のレトリックからきています。
    「言葉が人や社会を動かす」という認識が根付き、演説やプレゼンテーションがうまい人が高く評価されるアメリカでは、一般の人も言語的なテクニックには関心を持っています。政治家などの演説用の原稿を書く「スピーチライター」が、文化系学生の最も憧れる職業になっているほどです。英語表現を理解しようとするとき、こうした言葉に対する意識の違いも重要になってくるのです。

    PREV
    はじめに戻る

  • 1
  • 2
  • 3

興味が湧いたら!
CLICK
コミュニケーション学、比較文化学が向いているかも!

国際コミュニケーション学部 国際言語コミュニケーション学科 教授 水島 和則 先生

国際コミュニケーション学部
国際言語コミュニケーション学科 教授
水島 和則 先生
映画にはたくさんの情報が詰め込まれています。ストーリーから時代背景を考えることもできますし、映像・音・言葉の組み合わせを分析して製作者の意図を考えるのも楽しいものです。最近は字幕でなく吹き替えで映画を見る人が多いようですが、「言葉」に興味がある人は、ぜひ、字幕で見て、英語のセリフに注目してみてください。ミュージカル調の映画でも、歌の歌詞が重要です。DVDなら何度も見られるので、ストーリーや映像、音楽の美しさを味わった後で、何度も登場するセリフ、言葉はないかと考えながらみると、思わぬ発見があります。
この学問が学べるのは…
Scroll
国際コミュニケーション学部国際言語コミュニケーション学科
国際コミュニケーション学部 国際言語コミュニケーション学科