学び発見ガイド

  1. ホーム
  2. 学び発見ガイド
  3. 美肌づくりの「栄養学」

美肌づくりの「栄養学」

関連ワード
  • 美容
  • 栄養

  • 1人間の体で一番大きな臓器って何?

    人間の体で一番大きな臓器は何か知っていますか? ちょっと意外かもしれませんが、それは体重の約16%を占める皮膚です。皮膚は簡単に目で確認できる臓器なので、体内の状態を知る糸口になります。つまり、肌は「体内の調子を映し出す鏡」なのです。もし、美肌になりたいなら、スキンケアやメイクアップなどの外面的な美容だけではなく、バランスがとれた食生活など、体の内側からきれいになることにも気を配らなくてはなりません。

    NEXT
    2.生まれた瞬間から加齢が進む!
  • 2生まれた瞬間から加齢が進む!

    美しい肌を保つには、皮膚細胞の老化を防ぐことも大切です。赤ちゃんとあなたの肌を比べてみればわかりますが、誕生すると同時に、すぐに加齢がはじまり、細胞レベルで老化が進みます。老化を促進させる大きな原因は「活性酸素による酸化」や「過剰な糖によるタンパク質の糖化」だと考えられています。肌の老化 を防ぐためには、ビタミンCに代表される抗酸化作用のある栄養成分を積極的にとることが有効です。また、スイーツや間食をなるべく控えて必要以上に血糖値を上げないよう心がけることも、美肌づくりにとって重要なのです。

    NEXT
    3.植物の恩恵を受けて、美しい肌をつくる!
  • 3植物の恩恵を受けて、美しい肌をつくる!

    最近注目されている食品成分に、野菜や果物に含まれている「ファイトケミカル(phytochemical)」とよばれる物質があります。「ファイト」はギリシャ語で「植物」という意味で、植物中に存在する天然の化学物質のことです。植物は根を生やしているので、その場所から動けません。そのため、日光などの紫外線や害虫、病原菌などから自分自身の身を守るため、さまざまな防御物質をつくっています。それらの物質の中には、抗酸化力、免疫力のアップなど、人間の健康の維持・増進にも役立つものがあります。美肌づくりのみならず、生活習慣病予防のためにも、野菜や果物を積極的に食べることによる効果が期待できるのです。

    PREV
    はじめに戻る

  • 1
  • 2
  • 3

興味が湧いたら!
CLICK
栄養学、生物学、細胞生物学が向いてるかも!

生活科学部 管理栄養学科 准教授 大口 健司 先生

生活科学部
管理栄養学科 准教授
大口 健司 先生
私たちの体は摂取した栄養成分によってつくられています。体の中には素晴らしい仕組みがたくさん備わっていて、それらについて深く学べるのが栄養学の魅力です。
近年、肥満・高血圧・糖尿病などのいわゆる「生活習慣病」は増加の一途をたどっています。これらの病気の多くは、食生活を中心とした日頃の生活習慣を改善することによって減らすことが可能です。その大切な役割を担っているのが栄養士・管理栄養士なのです。
この学問が学べるのは…
Scroll
生活科学部管理栄養学科
生活科学部 管理栄養学科