ブックタイトル生活科学研究科_履修の手引き2016

ページ
22/76

このページは 生活科学研究科_履修の手引き2016 の電子ブックに掲載されている22ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

生活科学研究科_履修の手引き2016

6-2.特定の課題についての研究の成果により審査を受ける場合〔1〕提出①特定の課題についての研究の成果(以下「特定課題研究成果」という。)を提出し、審査を受けることを希望する場合は、次の手続を行うこと。〈提出物〉○「特定課題研究成果審査願」:教務課でS*map のジャーナルに添付して配布するので、記入すること(要押印)。(大学院学位規準第3条第2項、様式第4-2号(修士)参照)○特定課題研究成果(3部)○特定課題研究成果趣旨書(1部):A4版に4枚以内で作成すること。様式の定めはない。○特定課題研究成果要旨(1部)○特定課題研究成果要旨データ(S*map のジャーナルにデータを添付して提出、またはUSB メモリ等の記憶媒体により提出。記憶媒体による提出の場合は事前に教務課へ相談すること。)〈提出先〉特定課題研究成果:専攻世話人に確認すること。特定課題研究成果以外:学園センター2階 教務課〈提出締切〉4月入学者:2月中旬(詳細は指導教員に確認すること。)9月入学者:8月下旬(詳細は指導教員に確認すること。)②学位授与の決定後、以下の書類を提出すること。〈提出物〉○特定課題研究成果(2部):最終稿を印刷したもの〈提出先〉学園センター2階 教務課〈提出締切〉学位授与の決定後、所定の期日までに〔2〕特定課題研究成果要旨について 椙山女学園大学大学院編集発行の「修士論文要旨集」に掲載する論文要旨を以下の要領に準拠して作成する。①体裁 別紙記載の様式に準拠して、A4版に2ページ以内で作成する。②記載内容 氏名、特定課題研究成果題目、要旨。③要旨本文の文字種および文字数 日本語は明朝体、英語はCourier(またはTimes)もしくはそれらと類似のフォント;10 ポイント(または10.5 ポイント)とする。 1ページ目の文字数は、24 字× 38 行、2段組(段間隔は2字相当)、1824 字を目安とする。 2ページ目の文字数は、24 字× 46 行、2段組(段間隔は2字相当)、2208 字を目安とする。④余白 上下左右20mm ずつ余白を設ける。ただし、2ページ目は、最上段から本文が始まることにより上詰めにする分、下余白が大きくなる。-18 -