ブックタイトル人間関係学研究科_履修の手引き2016

ページ
47/92

このページは 人間関係学研究科_履修の手引き2016 の電子ブックに掲載されている47ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

人間関係学研究科_履修の手引き2016

- 43 -臨床心理学領域  西 出 弓 枝 (にしで ゆみえ) e-mail:nishide@sugiyama-u.ac.jp◆ 最近の研究テーマ発達障害児や家族に対するアセスメントと支援統合保育や特別支援教育の実践上の課題夢をもちいた心理療法心理療法における対象像の変化◆ 指導可能な領域発達障害児のアセスメントと支援統合保育や特別支援教育における課題子どもと家族の発達・適応臨床心理学領域  増 井  透 (ますい とおる)電話:(0561)74-1426e-mail:masui@sugiyama-u.ac.jp◆ 最近の研究テーマ 認知心理学、認知神経心理学。メンタルイメージや記憶のネットワークなど内的表象の研究、及びその障害について。最近のテーマは「意識と無意識」「記憶のプロセス」「高齢者の記憶」「イメージの機能と構造」など。◆ 指導可能な領域 実証的枠組みの研究(実験法、調査法など)であれば指導可能。臨床心理学領域  山 根 一 郎 (やまね いちろう) e-mail:yamane@sugiyama-u.ac.jp◆ 最近の研究テーマ 対人心理的距離の体験構造 個別感情の体験構造(現象学的アプローチ)◆ 指導可能な領域 社会心理学、環境心理学、実験法、分析法など臨床心理学領域  李  敏 子 (り みんじゃ)電話:(0561)74-1450e-mail:minja@sugiyama-u.ac.jp◆ 最近の研究テーマ1.さまざまな学派がある中で、心理療法とは何か、心理的援助はいかにあるべきかという基本的問題について研究している。2.初回面接、心理療法の枠組、遊戯療法、親面接、思春期の心理療法の工夫など、心理的援助の実践における具体的な方法について研究している。3.発達障害児・不登校児への援助、心理的援助における協働、思春期の子どもをもつ親への支援、大学の学生相談室における支援などについて研究している。◆ 指導可能な領域 広く臨床心理学に関わるテーマであれば、調査研究、文献研究、事例研究のいずれも指導できると思います。