ブックタイトル人間関係学研究科_履修の手引き2016

ページ
38/92

このページは 人間関係学研究科_履修の手引き2016 の電子ブックに掲載されている38ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

人間関係学研究科_履修の手引き2016

- 34 -2.修士学位論文の審査基準 修士学位論文の審査にあたって、所定の年以上在学し、所要の単位以上を修得し、必要な研究指導を受けたことを要件とした上で、以下の諸点を考慮しつつ評価を行うものとする。なお、審査は、主査1名、副査2名の合議による。1.問題意識が明確で、課題設定が明示されていること。2.分析の切り口が明確で、論理展開が一貫しておりオリジナリティがあること。3.調査分析の場合、方法の検討や内容の記述、展開が説得的であること。4.先行研究が十分に検討され、文献資料などの渉猟が十分になされていること。5.引用等が適切で、論文としての形式・体裁が整っていること。6.研究倫理の遵守に配慮していること。