ブックタイトル人間関係学研究科_履修の手引き2016

ページ
30/92

このページは 人間関係学研究科_履修の手引き2016 の電子ブックに掲載されている30ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

人間関係学研究科_履修の手引き2016

- 26 -臨床心理士(受験資格) 臨床心理士とは、財団法人日本臨床心理士資格認定協会による認証資格です。受験資格の原則は、「心理学を専攻する大学院修士課程を修了した後、1年以上の心理臨床経験を有する者」であり、協会によって指定されている条件を本研究科に適用すると、以下のようになります。①臨床心理学領域に入学すること。②同領域の必修科目のほかに、次ページの別表A~E群に該当する科目を各2単位以上(すなわち1科目以上)、計10 単位以上を選択履修すること。 ただし、本研究科で開講されている各群の科目は次のとおりです。A群:「心理学研究法特講」「臨床心理学特別演習」B群:「発達心理学特講」「比較行動学特講」C群:「社会心理学特講」「産業・組織心理学特講」「犯罪心理学特講」D群:「精神医学特講」「障害者心理学特講」E群:「事例研究Ⅰ」「学校臨床心理学特講」③毎週の事例会議に出席し、スーパーヴィジョンを受け、学内外で臨床経験を積むことが必要です。④臨床心理学領域の入学者は別途指定される履修費が必要です。⑤本研究科は第1種指定大学院に指定されているので、「課程修了後1年以上」の心理臨床経験が免除されます。