ブックタイトル教育学研究科_履修の手引き2016

ページ
8/68

このページは 教育学研究科_履修の手引き2016 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

教育学研究科_履修の手引き2016

- 4 -専攻・コース編成 校種あるいは教科をまたいだ総合的な研究を行うことを可能にするために、本研究科は教育学研究科教育学専攻の1研究科1専攻とするが、その上で主たる研究対象に応じた次の3コースを設ける。(1)表現教育コース 「国語」「音楽」「図画工作」を表現系教科(幼児教育の領域では「言葉」「表現(音楽,造形)」に対応)として総合的に捉えた研究を初等教育中心に幼児教育とも関連させつつ行う。本学教育学部に課程が設置されている「音楽」については中等教育も扱う。(2)数理教育コース 本学教育学部に課程が設置されている「数学」を中心として、特に小学校中学校の連携を十分に考慮した系統的カリキュラム研究、教科教育と教科専門を架橋する分野の研究、理科などの隣接教科を視野に入れ、あるいはそれらを総合する教科教育(表現教育、科学教育等)の研究等を行う。(3)学校教育コース 教育学・教育心理学・幼児教育学領域の基礎理論とその発展的・実践的科目を中心にした、学校教育・幼児教育に係わる理論及び教育実践に係わる研究・教授を行う。現在学校教育においては、教科教育の他にも、「グローバル化、情報化、特別支援教育その他の新たな課題」があるが、これらの課題に直結した、発達障害の理解・教育メディアの活用や授業研究、異文化間教育、生徒指導や学級経営といった教師の教育実践力に結びついた教育研究と教授を行う。 これらのコースにおいて取得できる教員免許状は、その取り扱う専門領域に応じて、それぞれ次の通りである。本研究科を修了するためには、学位を取得するともに、これらの専修免許状のいずれか一つ以上を取得することが必要である。(1)表現教育コース 幼稚園教諭専修免許状・小学校教諭専修免許状・中学校教諭専修免許状(音楽)・高等学校教諭専修免許状(音楽)(2)数理教育コース 小学校教諭専修免許状・中学校教諭専修免許状(数学)・高等学校教諭専修免許状(数学)(3)学校教育コース 幼稚園教諭専修免許状・小学校教諭専修免許状