ブックタイトル教育学研究科_履修の手引き2016

ページ
33/68

このページは 教育学研究科_履修の手引き2016 の電子ブックに掲載されている33ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

教育学研究科_履修の手引き2016

- 29 -小杉 裕子主要研究分野芸術学(ピアノ)、教科・領域教育最近の研究テーマ1.ピアノ演奏法について、特にロマン派作曲家の作品。2.音楽教育の領域においては、子どもたちが興味をもって音にかかわり表現することのできる題材や、子どもたちの表現の受け止め方と援助法。酒井 照彦主要研究分野教育実践開発最近の研究テーマ教師の意識調査によれば、算数指導を苦手とする教師は多くないが、子どもたちの算数嫌いは学年を経るにつれて多くなる。その原因を、教師の算数・数学の理解度に焦点を当て、指導力向上への課題を明らかにする。坂本 德弥主要研究分野教育方法学、教育工学最近の研究テーマ授業技術の体系化とその習得方法の研究。特にICT(情報通信技術)を利用した授業方法について研究し、大学の模擬授業演習において、学生がよい授業方法を早く確実に習得するためのカリキュラムを開発している。指導可能な領域ICT を利用した授業方法の改善などの教育工学領域、また、子どもが意欲的に学ぶようになるための授業方法の開発などの教育方法学領域。佐藤 厚子主要研究分野日本文学、日本文化史最近の研究テーマ古代・中世の物語・説話及び古記録の分析。転換期の日本文化に関する総合的な視野の獲得を目指している。指導可能な領域日本文学・日本文化。具体的な研究テーマとしては、前近代・近代の作品・作家、あるいは文化史を対象とする。白井 朗主要研究分野数学(解析学)最近の研究テーマ一般形をした特異1階非線形偏微分方程式の形式的冪級数解の収束・発散の特徴づけを行っている。やや具体的にいうと、原点で退化するベクトル場を主要部にもつ1階非線形偏微分方程式の形式解の特徴づけを行っている。指導可能な領域解析学を中心とする数学一般。特に複素関数論、微分方程式論。日常生活に関連する諸現象の数学的解析と学校数学への活用。髙橋 聡主要研究分野数学教育学最近の研究テーマ1.中・高等学校の数学科授業の中で、数学的活動を通じた言語活動の充実をどう実現し得るかについて研究している。2.学校数学の図形や幾何に関わる教育内容の系統について、特に変換の考えを意識して研究している。竹内 聖彦主要研究分野数学(代数幾何学)最近の研究テーマ高次元代数多様体の分類、特に反標準因子がnef big な射影多様体である弱Fano 多様体の構造の詳細な解析。初等整数論や初等組合せ論で扱い可能な数理の学校数学への活用。指導可能な領域幾何学・代数学を中心とする数学一般。特に代数幾何学、可換環論。日常の諸現象に隠された数理の学校数学への活用。