ブックタイトル教育学研究科_履修の手引き2016

ページ
32/68

このページは 教育学研究科_履修の手引き2016 の電子ブックに掲載されている32ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

教育学研究科_履修の手引き2016

- 28 -石橋 尚子主要研究分野発達心理学最近の研究テーマ1.「理想の人間像」の育ちに関する研究。児童生徒を対象とした理想自己と現実自己についての発達的研究と、教師の期待との関係、並びに両者の日韓比較研究。2.オノマトペ(擬態語・擬声語)の発達と教育効果等の研究。指導可能な領域発達心理学並びに幼児教育・保育にかかわる領域。乳幼児から小学生までを主な対象として、その発達の様相や教育・保育のあり方等について、指導助言する。また、教育や保育の分野が抱える今日的課題について検討する。磯部 錦司主要研究分野造形表現、美術教育、美術(絵画)最近の研究テーマ造形表現の内容、位置づけ、展開、役割と意味を実践的研究から考察。グローバル化や国際化、地域性や自然観・生命観等に関わる今日的課題について、造形表現をとおした実践および制作活動から探求。指導可能な領域表現領域(造形)、図画工作科における実践的研究及び子ども理解。造形表現をとおした異文化間教育、諸外国との比較研究。社会的活動としての展開、ワークショップにおける実践、絵画を中心とした制作活動等。宇土 泰寛主要研究分野国際理解教育、異文化間教育、多文化共生教育、ESD(持続可能な開発のための教育)最近の研究テーマESD を基盤とした子どもたちの大陸間交流活動とカリキュラム開発に関する研究~日本・オーストラリア・ブルキナファソ・フランスとの交流大陸を越えた地球的課題で学び合う多文化共生の空間づくり指導可能な領域グローバル化と多文化化が並行して進む地球時代の教育の2つの領域①国際理解教育・ESD・グローバル教育・開発教育等の国際教育と社会科教育②外国人児童生徒教育、多文化共生教育、海外子女教育等の異文化間教育大森 隆子主要研究分野幼児教育学最近の研究テーマ伝承遊びの継続的研究の一環として、「折り紙」並びに「言葉遊びに取り組んでいる。「折り紙」に関しては、日本の折り紙の歴史を探る過程で、ドイツの折り紙との関係性など国際的視点を持って研究している。明治初期の幼稚園教育を支えた保育者、その養成カリキュラムについても、現在の保育・教育者養成の在り方と絡めて研究している。指導可能な領域日本の幼稚園の歴史に関する研究。保育・教育内容として取り上げられる子どもの遊びや文化全般について、実践を支える理論の構築、理論を押さえた実践の展開等、理論と実践の双方を視野におきつつ保育・教育の質向上につながる研究。國井 修一主要研究分野体育(健康科学を含む)最近の研究テーマ1.子どものころの運動経験と現在の運動・スポーツの出来  2.健康維持のためのダイエット3.逆上がりの成否の条件指導可能な領域スポーツ心理学領域、健康科学領域、体育の指導法領域等(最近の研究テーマと同様領域)Ⅳ 研究分野