ブックタイトル教育学研究科_履修の手引き2016

ページ
13/68

このページは 教育学研究科_履修の手引き2016 の電子ブックに掲載されている13ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

教育学研究科_履修の手引き2016

- 9 -は現在新たに注目されつつある分野であり、教科指導法と教科専門との総合化によって現在求められている優れた教科指導能力の獲得と高度な教科専門知識の修得とを実現する講義科目群である。これら9科目のうち「数学科教育内容研究」および「音楽科教育内容研究」は中高の専修免許取得を目指す学生のための科目である。一方、小学校教育を研究主題とする学生においてはこの科目群から複数教科について学ぶことを原則とし、幅広い知識の修得を図る。c-2.教科専門科目群 教科専門に関する科目として「日本文学特論」「現代数学特論A」「現代数学特論B」「数学教育学特論」「情報数理演習」「科学教育演習」「器楽研究AⅠ」「器楽研究AⅡ」「器楽研究BⅠ」「器楽研究BⅡ」「声楽研究Ⅰ」「声楽研究Ⅱ」「作曲研究Ⅰ」「作曲研究Ⅱ」「音楽学特論」「音楽教育学特論」「音楽表現演習」「造形表現演習」を設ける。これらのうち、「現代数学特論A・B」「数学教育学特論」「情報数理演習」は中高数学の専修免許取得を目指す学生のための科目(イ)であり、「器楽研究AⅠ・AⅡ・BⅠ・BⅡ」「声楽研究Ⅰ・Ⅱ」「作曲研究Ⅰ・Ⅱ」「音楽学特論」「音楽教育学特論」「音楽表現演習」は中高音楽の専修免許取得を目指す学生のための科目(ウ)である。これらの科目から、音楽および数学の中高専修免許取得予定者は別表に定める数と内容の単位を取得する必要がある。小学校専修免許取得予定者は各自の研究内容に関連した教科専門科目を必要に応じて履修する。 上記6科目群から所定の単位(30 単位)を取得し、修士論文を作成・提出し、審査委員会の審査に合格することで本研究科の修了資格が得られる(後述)。