ブックタイトル生活科学研究科_履修の手引き2015

ページ
28/76

このページは 生活科学研究科_履修の手引き2015 の電子ブックに掲載されている28ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

生活科学研究科_履修の手引き2015

②学位授与の決定後、以下の書類を提出すること。課程博士1.学位論文(最終稿) 1部(電子ファイル(PDF データ))2.学位論文要旨 3部〈学位審査 通達 様式第3号(基準第4条、第5条関係)〉3.「椙山女学園大学学術機関リポジトリ登録申請書」及び「椙山女学園大学学術機関リポジトリ掲載にあたっての確認事項」  1部なお、2については①での提出後訂正があれば提出するものとする。論文博士1.学位論文(最終稿) 1部(電子ファイル(PDF データ))2.学位論文要旨 3部〈学位審査 通達 様式第3号(基準第4条、第5条関係)〉3.「椙山女学園大学学術機関リポジトリ登録申請書」及び「椙山女学園大学学術機関リポジトリ掲載にあたっての確認事項」  1部なお、2については①での提出後訂正があれば提出するものとする。付記事項※ 提出された電子ファイルは学術機関リポジトリに公開されることとなるが、次に掲げるやむを得ない事由があると大学が承認した場合は、博士論文の全文に代えてその内容を要約したものを公開することができる。① 博士論文が、立体形状による表現を含む等の理由により、インターネットの利用により公表することができない内容を含む場合② 博士論文が、著作権保護、個人情報保護等の理由により、博士の学位を授与された日から1年を超えてインターネットの利用により公表することができない内容を含む場合③ 出版刊行、多重公表を禁止する学術ジャーナルへの掲載、特許の申請等との関係で、インターネットの利用による博士論文の全文の公表により博士の学位を授与された者にとって明らかな不利益が、博士の学位を授与された日から1年を超えて生じる場合なお、①~③の事由が無くなった場合は、学位論文の全文を登録し公開すること。* ①の場合、立体形状による表現以外の部分は原則として全て公開する。* ②の場合、著作権保護、個人情報保護等の理由により公表できない部分以外は原則として全て公開する。全て公開できない場合は、博士後期課程部会にて承認を得ること。※ 論文作成の方法は下記を参考にされたい。表紙:論文名、氏名および学位授与日を記載(横書き)。フォントサイズ:主題18 ポイント/副題16 ポイント/氏名18 ポイント程度〈提出先〉学園センター2階 教務課〈提出締切〉指導教員に確認すること-24 -