ブックタイトル生活科学研究科_履修の手引き2015

ページ
26/76

このページは 生活科学研究科_履修の手引き2015 の電子ブックに掲載されている26ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

生活科学研究科_履修の手引き2015

6.授業科目の履修登録時期について博士後期課程の授業科目は通年科目のため履修登録は年1回、前期に行うこと。なお、9月入学者については、後期に履修登録を行うこと。次年度前期の履修登録は不要。7.授業科目の履修登録に関する注意事項①受講および単位の修得を希望する授業科目については必ず履修登録を行うこと。この登録を怠ると授業科目の履修はできず単位は認定されない。②履修計画を立てるにあたっては、本冊子を参考にし、それぞれの主指導教員に指導を受けること。③一度履修登録が確定した科目は、変更したり、追加・削除することができない。④一度単位を修得した科目について、再び履修登録をすることはできない。8.授業科目、単位数および担当教員生活科学研究科 人間生活科学専攻(博士後期課程)(平成27・25 年度入学生適用)領域授業科目配当年次単位数担当教員備考必修選択創造生活科学教授内藤通孝特別演習は科目以上履修する。特別研究は指導教員が担当する領域の科目を必修とする。特別研究展開生活科学教授上甲恭平特別研究統合生活科学教授加藤昌彦教授澄美仁特別研究教授冨田明美※「創造生活科学特別研究」、「展開生活科学特別研究」、「統合生活科学特別研究」については、最終学年時に履修し、評価S、A、B、C及びDを付することとする。- 22 -