ブックタイトル生活科学研究科_履修の手引き2015

ページ
12/76

このページは 生活科学研究科_履修の手引き2015 の電子ブックに掲載されている12ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

生活科学研究科_履修の手引き2015

各種証明書の取扱い 主な証明書は以下のとおりです。証明書の種類手数料取扱窓口備考在学証明書円教務課修了見込証明書円証明書自動発行機で即日発行成績円成績円証明書自動発行機にて予約票を発行。発行は申込日より一週間後となります。健康診断証明書円医務室証明書自動発行機で即日発行。発行機から出力されない場合は医務室へ申し出てください。学割証無料学生課証明書自動発行機で即日発行。一人あたり年枚まで発行可能学生証再発行円証明書自動発行機で申込書を出力し、必要事項を記入の上、学生課へ提出。発行は申込日より日以降となります。※証明書自動発行機は星が丘キャンパス学園センター階学生サービスフロア内にあります。授業時間 学期は前期、後期の2期とします。各週は月曜日より土曜日までを授業日とし、授業時間は次のとおりです。時限授業時間第時限第第第第:授業の出欠席 授業は原則として皆出席が求められます。欠席が授業回数の3分の1を超えるときは、その授業科目の単位が与えられないことがあります。 また、本学では「公欠制度」はありません。欠席の扱いは、各教科の担当教員に一任されているので、欠席理由のある場合は、直接担当教員に申し出てください。ただし、数週間にわたる入院など教員と連絡を取ることが不可能な場合、教務課がこれに代わることがあるため、早期の連絡を心がけるようにしてください。休講 学内行事や教員の公務等により授業が休講となる場合には、担当教員からの連絡があり次第、通知します。休講通知がなく、始業時間より30 分以上経過しても担当教員の教室への出講がない場合には、教務課の指示にしたがってください。休講回数の程度によっては、補講を行うことがあります。 また、災害などの緊急時における授業の実施については原則として【休講措置】に従います。- 8 -