ブックタイトル現代マネジメント研究科_履修の手引き2015

ページ
20/60

このページは 現代マネジメント研究科_履修の手引き2015 の電子ブックに掲載されている20ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

現代マネジメント研究科_履修の手引き2015

- 16 - 修了要件及び履修方法1.修了要件は、計30 単位とする。2.研究指導教員の現代マネジメント特別演習Ⅰ(1単位)、現代マネジメント特別演習Ⅱ(1単位)及び現代マネジメント特別研究(4単位)を必修(計6単位)とする。3.選択必修科目のうち4単位以上選択履修することとする。4.選択科目の3つの領域のうち、修士論文と最も関係の深い領域から10 単位以上を選択履修することとする。5.現代マネジメント特別研究における研究成果については、「修士論文」を提出し口頭試問に合格することとする。(15)修士学位論文審査基準 〈現代マネジメント研究科 修士学位論文審査基準〉 現代マネジメント研究科は、専攻領域の研究の遂行に必要な知識、理解力、問題解決能力等を修得し、かつ、高度な専門性と研究能力を有していると認められるものに修士学位を授与する。修士の学位を受けるものについては、次の点を考慮して評価を行う。 (1)問題意識が明確で、研究の課題設定が適切であること。 (2)先行研究の整理が十分かつ適切に検討されていること。 (3)論文の構成に整合性があり、分析の内容や展開に説得力があること。 (4)論文の内容にオリジナリティーがあること。 (5)引用等が適切になされていること。 (6)研究課題を十分に解明していること。