ブックタイトル人間関係学研究科_履修の手引き2015

ページ
53/86

このページは 人間関係学研究科_履修の手引き2015 の電子ブックに掲載されている53ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

人間関係学研究科_履修の手引き2015

- 49 -教育学領域  向 井 一 夫 (むかい かずお)電話:(0561)74-1687e-mail:mukaik@sugiyama-u.ac.jp◆ 最近の研究テーマ1.「知識人と大学」~文化の生産者である<知識人>の形成、<知>の形成における教育、とくに高等教育・大学の役割に関心を持つ。2.「歴史のなかの子どもと家族」~社会史的アプローチによる、子どもと子ども観、子どもと大人の関係、親子関係、家族の変容に関心がある。◆ 指導可能な領域 教育システム、教育的関係にかかわって史的視点を含むもの。教育学領域  山 口 雅 史 (やまぐち まさふみ)電話:(0561)74-1744e-mail:masa@sugiyama-u.ac.jp◆ 最近の研究テーマ 最近の研究テーマは主として以下の2つである。(1)幼稚園における人間関係の発達 主に3歳児を対象として、遊びの発達過程を検討し、その中で人間関係がどのように発達していくのかを検討している。(2)親の発達過程に関する研究 主として乳幼児期の子供を持つ親を対象として、親アイデンティティの確立の様相について検討を行っている。◆ 指導可能な領域 乳児期、幼児期における子供の発達に関する研究。 乳児期、幼児期における教育・保育に関する研究。 乳幼児を持つ親に関する研究。