ブックタイトル人間関係学研究科_履修の手引き2015

ページ
46/86

このページは 人間関係学研究科_履修の手引き2015 の電子ブックに掲載されている46ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

人間関係学研究科_履修の手引き2015

- 42 -臨床心理学領域  加 藤 容 子 (かとう ようこ)電話:(0561)74-1465e-mail:katoyo@sugiyama-u.ac.jp◆ 最近の研究テーマ・ワーク・ファミリー・バランスのプロセス・モデルの研究・女性のキャリアの研究・組織におけるメンタルヘルス支援の実践的研究◆ 指導可能な領域 産業・組織心理学、臨床心理学領域の調査研究(質問紙法、面接法、観察法)臨床心理学領域  中 西 由 里 (なかにし ゆり)電話:(0561)74-1436e-mail:yurin@sugiyama-u.ac.jp◆最近の研究テーマ 担当者の専門は発達臨床心理学である。最近は、「子育て支援」や「発達障害児に対する支援」、「養護性」などをテーマに研究を進めている。臨床実践としては、本学の学生相談や外来の心理相談室において、母親面接を中心に行っている。学外では、名古屋市の総合保育(障害児保育)のスーパーバイザーや「子育て支援センターめいとう」で育児相談に関与している。◆ 指導可能な領域 主に「発達臨床心理学」に関する領域が指導可能である。具体的には、発達障害に関すること、子育て支援や育児不安など育児中の親に関すること、主に乳幼児・学童期の子どもに関すること、統合保育に関することなどである。